Home » 教えて虹橋 » 妊 娠 診 断

妊 娠 診 断

category : 教えて虹橋 2015.4.1

<対象>

予定月経が遅れていて、妊娠診断を希望される方

 

<診察内容>

○ 尿妊娠反応検査

※ ご自宅で市販キット陽性であった方にも当院で再確認検査を実施させていただきます

○ 内診と膣式超音波検査

・内診台の上で診察

・膣式超音波検査でモニターをお見せしながら、以下の項目に沿って確認します

- 子宮内の妊娠であることの確認(子宮外妊娠でないことの確認)

- 胎のう(胎児の育つ袋)の確認・・・数、大きさ、位置、周囲の出血徴候の有無

- 卵黄のう(胎盤が出来るまで、胎児に栄養を与える袋)の確認

- 胎児の確認・・・数、大きさと胎児心拍の確認

- 卵巣の確認・・・卵巣のう腫や卵巣腫瘍、妊娠性の卵巣腫大の合併の有無を確認

- 妊娠週数と分娩予定日の算出・・・妊娠初期の胎児の頭殿長から計算

※ 実際の妊娠週数と分娩予定日は、最終月経初日からの計算値よりも、妊娠初期の

胎児の頭殿長を信頼します

※ ご希望の方には、超音波画像のプリントアウトを差し上げています

※ ご希望の方には、ご主人やお子様も一緒に超音波検査のモニターを説明いたします

 

<分娩予約病院への紹介>

胎児心拍が確認され、胎児頭殿長からの妊娠週数と分娩予定日の算出が出来るまで、

1~2週間毎に超音波検査を続けていきます

上記が確認出来た受診日に、分娩予約可能な病医院へ紹介いたします

妊娠初期採血検査など、紹介先で重複すると思われる検査は当院では実施しません

 

<流産の診断の場合>

数回の追跡観察中に、胎児心拍が見えず、胎児の発育が望めない場合、流産の診断となることもあります。この際には当院から、流産手術可能な病医院へ紹介いたします

 

<妊娠継続を望まれない場合>

いろいろな事情により妊娠継続を望まれない場合には、当院から、流産手術可能な病医院

へ紹介いたします


アーカイブ