ホーム > 婦人科 > 卵巣がん

卵巣がんとは

1380604767

卵巣は、女性の骨盤内にある親指大ほどの大きさの臓器です。子宮の両側に一つずつあり、子宮体部の靱帯に支えられながら骨盤内に浮かんでいます。この卵巣には多種多様の腫瘍が発生します。卵巣腫瘍は、腫瘍ができる場所によって、①表層上皮性・間質性腫瘍、②性索間質性腫瘍、③胚細胞腫瘍の3つに分類されます。さらに腫瘍は①良性、②境界悪性(良性と悪性の中間)、③悪性に分けられます。最も多く発生するのが表層上皮性・間質性腫瘍で、悪性の卵巣腫瘍のうち約90%がこのタイプです。一般に「卵巣がん」といえば、この悪性腫瘍のことをいいます。「おなかが張る」「最近太った」という訴えが早くから患者さんにみられますが、自覚症状がほとんどないため、早期発見しにくいがんです。 一方、卵巣がんは「組織型」(がん細胞組織のタイプ)によっても分類されます。大半は腺がんといわれるタイプで、漿液性腺がん、類内膜腺がん、粘液性腺がん、明細胞腺がんの4種類に分けられます。同じ卵巣がんでも組織型により抗がん剤などの効き方が違ってきます。そのため、治療を進めるうえで自分のがんがどの組織型なのかを知ることは重要です。

卵巣がんの症状

卵巣は「沈黙の臓器」と呼ばれていて、悪性でも良性でも卵巣が多少腫れている程度では全く症状が出ません。腫瘍が極端に大きくなるとお腹の圧迫感などで気づくこともありますが、検診や他の症状で内科の診察を受けたときにたまたま発見されるケースの方が多いです。お臍の高さを超えるくらいの大きさになると、さすがに下腹が圧迫されるため、「何となくお腹が張る」「ウエストがきつい」といった症状を自覚することもあるようですが、中には20cm程の腫瘍があっても検査まで何も気づかなかったという患者さんもいらっしゃいます。進行すると、下腹部のしこり、下腹部の痛み、頻尿、排尿障害、便秘、腰痛、体重減少などの症状がみられるようになり、転移すると、胸水、腹水、呼吸困難、リンパ節のはれなども認められます。

卵巣がんの検査

・腹部の触診、内診
・超音波検査
・血液検査(腫瘍マーカー)
・CT、MRI検査
・PET-CT検査

検診のすすめ

検診で年1回CTやMRIをとるというのは、かなり非効率的ですし、医療費の無駄使いになってしまいます。子宮癌検診を受ける際に、一緒に膣からの超音波検査をすれば、卵巣の腫れもチェックできますし、子宮筋腫や子宮内膜症がないかどうか、子宮内膜が分厚くなりすぎていないかなどの確認も一緒にする事が出来ます。通常の子宮がん検診などの際に実施する超音波検査は自費になってしまいますが、他の検診と同時に実施されることをおすすめします。