ホーム > 婦人科 > 子宮体がん

子宮体がんとは

子宮体部に発生するがんが子宮体がんで、最近我が国の成人女性に増えてきているがんのひとつです。そのほとんどは、子宮体部の内側にあり卵巣から分泌される卵胞ホルモンの作用をうけて月経をおこす子宮内膜という組織から発生し、子宮内膜がんとも呼ばれています。

子宮体がんの症状

3812687

一番多い自覚症状は不正出血です。
子宮頸がんに比べ、子宮体がんになる年代は比較的高齢ですから、閉経後あるいは更年期での不正出血がある時には特に注意が必要です。閉経前であっても、月経不順、乳がんを患ったことがあるなどということがあればやはり注意が必要です。

 

 

子宮体がんの検査

・子宮内膜細胞診検査
・子宮内膜組織検査
・子宮内膜全面掻爬、子宮鏡
・超音波、CT、MRI等の画像診断

検診のすすめ

一般に地域検診や職域検診での「子宮がん検診」で行われているのは子宮頸がんの検査が中心で、子宮体がんの検査は含まれません。「子宮がん検診」時に問診によって医師が必要と判断した場合は、子宮体がんの検診(子宮体部細胞診)も同時に行われます。そこでリスクの高まる40歳代以降は、検診時に子宮体がんの検査も行うかどうかを相談しましょう。
なお、一般的に婦人科検診は、正確な診断が行われるために月経出血がないときに受けましょう。気になる出血があるときは、婦人科検診ではなく、出血が止まるのを待たずすぐに医療機関を受診し、検査を受けることが大切です。