ホーム > 内科 > 内科
naika_img

 

内科一般

020230b2ccdfc162c8582652bb104485_s

日常の風邪や腹痛・下痢の症状などから、いつもより体調が悪いときなど、気軽にお立ち寄りください。
お話を伺い診察させていただき、当院で可能な検査を行い、必要と思われる治療や他の専門病院などの紹介をさせていただきます。

風邪やインフルエンザなどはもちろん、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の診断・治療・管理をはじめ、慢性肝疾患、動脈硬化性疾患などのプライマリケア(初期診療)を行います。

次の様な症状がある場合、お早めにご相談下さい。
発熱、咳、喉の痛み、腹痛、頭痛、胸の痛み、動悸嘔吐、下痢、血尿、便秘、倦怠感、体重減少 など

 

 

かぜ

_657787

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・のどの痛み

たん・せきなどの呼吸器症状のほか、

発熱・頭痛・倦怠感・筋肉痛・関節痛

食欲不振などの全身症状・嘔吐・下痢の胃腸症状など・・・。

「かぜ」にかかるとこのような症状が現れます。

 

インフルエンザ

ふつうのかぜと違い、のどの痛み・せきなどの呼吸器症状とともに、発熱・倦怠感・筋肉痛・関節痛などの全身症状が強く現れます。
主にインフルエンザウイルスの感染によって起こります。
症状はインフルエンザのほうが重く、伝染力もふつうのかぜより強い特徴をもっています。

※ワクチンの在庫が不安定なため、予めお問い合わせください。  

 12月上旬までの接種をおすすめします。

❖接種料金: 3,400円(税込)65歳未満

       3,100円(税込)中学生まで・65歳以上

生活習慣病

生活習慣病とは、高血圧・高脂血症・痛風・糖尿病・メタボリックシンドロームなどの食生活や運動習慣といった発症に生活全般が深く関わる病気の総称です。
これら生活習慣病が原因で起こるのが動脈硬化です。
生活習慣病の発症が複合的になるほど動脈硬化の進行が加速度的に進み、そのまま放置してしまうと、脳や心臓などの重要臓器に大きなダメージをきたし、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)や心筋梗塞を引き起こします。
特に脳卒中は、がんにつぎ日本人の死亡原因として最も多く、また治療により寛解(かんかい)しても介護支援が必要となる事もあります。 つまり、生活習慣病の早期発見と予防は健康で豊かな毎日の為に欠かせない事であると考えております。

高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられております。

脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。これら余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。
高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足が考えられます。

補完療法

高濃度ビタミンC点滴(25g 50g)、プラセンタ注射(メルスモン、ラエンネック)