ホーム > 内科 > 生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは、高血圧・高脂血症・痛風・糖尿病・メタボリックシンドロームなどの食生活や運動習慣といった発症に生活全般が深く関わる病気の総称です。
これら生活習慣病が原因で起こるのが動脈硬化です。
生活習慣病の発症が複合的になるほど動脈硬化の進行が加速度的に進み、そのまま放置してしまうと、脳や心臓などの重要臓器に大きなダメージをきたし、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)や心筋梗塞を引き起こします。
特に脳卒中は、がんにつぎ日本人の死亡原因として最も多く、また治療により寛解(かんかい)しても介護支援が必要となる事もあります。 つまり、生活習慣病の早期発見と予防は健康で豊かな毎日の為に欠かせない事であると考えております。