ホーム > がん検診 > 免疫組織化学染色検査

免疫組織化学染色検査

免疫細胞が攻撃の目印とする分子のがん組織上における発現の程度を検査することは、個々の患者さんの治療法を選択するための 判断基準のひとつになります。
手術によって患者様から摘出されたがん組織のホルマリン固定材料、パラフィンブロック、パラフィン薄切切片のいずれかを用いた免疫組織化学染色という方法により、がん細胞の表面に発現する分子の一つであるMHCクラスⅠの発現状態を検査できます。