ホーム > がん検診 > PET-CT検査

PET-CT検査

sm20832_MI_08

台場クリニックモール地下1階には、ゆうあいクリニックのPET-CTが設置されています。診断上必要な場合には、ゆうあいクリニックに紹介し、PET-CT検査を受けていただくことが可能です。
PETは「ポジトロン・エミッション・トモグラフィー」の略で、陽電子放射断層撮影という言葉の頭文字をとった略語です。通常、がんは、ある程度の大きさになったり、体に変化が起きてから見つかることが多いため、がん細胞の成長がある程度進んでからでないと発見しにくい病気です。
FDGというブドウ糖によく似た薬を注射し、この薬が集まるかどうかにより、体の中にある病気がブドウ糖をよく使う性質があるかどうか、またはブドウ糖をよく使う場所があるかどうかを調べています。がんや強い炎症ではブドウ糖をよく使う性質があるためにFDGが集まる病気や場所が、がんや強い炎症らしいという推定ができるため、小さながんの発見が期待できます。
PET-CT検査とは、CT装置を併用することで、時間差による画像のずれを防ぎ、高精度に位置合わせが可能になります。そのため、さらに鮮明な画像で、腫瘍の位置や大きさを撮影することができ、より詳しく分析できます。
また、1度の検査で、ほぼ全身を調べられ、予想外のがんの発見に威力を発揮することから、がんの可能性が疑われながら他の検査で病巣が発見できない原発不明がんの診断や、がんの早期発見、病期(進行度)診断、転移、再発を調べるのに特に重要な検査とされています。