がん免疫細胞治療・人間ドック・婦人科
内科・ペインクリニックなど
TEL : 03-3529-2284

婦人科

子宮頸がん

子宮頚がんは子宮頚部に発生するがんで、女性性器悪性腫瘍の中で最も頻度が高いがんです。 子宮の入り口の子宮頸部とよばれる部分から発生します。子宮の入り口付近に発生することが多いので、 普通の婦人科の診察で観察や検査がしやすいため、発見されやすいがんです。

また、早期に発見すれば比較的治療しやすく予後のよいがんですが、進行すると治療が難しいことから、 早期発見が極めて重要といえます。 また、近年では20代後半から30代に急増、若い女性の発症率が増加傾向にあります。

子宮頚がんは、発がん性のヒトバピローマウイルス(以下HPV)というウイルスの持続的な感染がおもな原因となって起こります。 HPVは性交渉により人から人に感染します。 特別な人だけが感染するのではなく、性交渉の経験のある人なら誰でもHPVに感染する可能性があります。

子宮頚がんの症状

初期の子宮頸がんでは、全く症状がないのが普通です。婦人科の症状がなくても、 30歳のころから(結婚している場合は25歳くらいからでも)、2年に1回子宮がんの検診を受けることをお勧めします。 がんが少し進行するとはじめの症状としては、月経でない時の出血、性行為の際の出血やふだんと違うおりものが増えたりします。

他に月経の量が増えたり長引いたりすることもあります。 夫を失った人や高齢の婦人では性行為の際の出血ということは少ないので、 頸部がんが相当進行してから後に出血を見ることもあります。 このような方は、特にふだんの健康診断を受ける必要があります。

子宮頚がんの検査

頸部の細胞をヘラや綿棒でとって、細胞診とHPV検査をおこないます。 これによって、異形成やがん細胞の有無を顕微鏡で診断します。 高度異形成やがん細胞の疑いがある場合にはコルポスコープという拡大鏡で観察して、組織を取って調べます(生検)。 診断がついたら、がんの広がりを調べるために、 内診、直腸診、超音波検査(エコー)、CT検査、MRI、尿路撮影などを必要に応じておこないます。

検診のすすめ

子宮がんの検査をし、「異常なし」であったとしても、原因となるHPVにすでに感染していたり、 検診後に新たに感染する可能性は十分に考えられます。 検診で異常が発見されなかった場合でも、少なくとも1年に1度は検査を受けることが大切です。

子宮がん検診:基本情報
検診対象者 20歳以上
受診感覚 隔年(2年に1回)
主な検診内容 問診、視診、細胞診、膣式超音波検査、コルポスコピー検査
検査結果 細胞診、病理組織学的検査の結果は、1~2週間後の受診にてご説明

ベセスダ分類

ベセスダ分類とは?

子宮頸がんの検査結果は、これまで5段階で表現されていました。 この5段階による分類は、結果をお伝えするのには分かりやすくて便利なのですが、 微妙な異常を分類し切れなかったり「見落とし」につながることがあります。 また、海外での学会発表や論文投稿等でもベセスダシステムでの表記が基準となっております。 当院では、「ベセスダ分類」に基づいた分類を行います。

ベセスダ分類のメリット
  • 子宮頚部細胞診のための分類である
  • ヒトパピローマウィルス(HPV)関与のエビデンスが取り入れられた分類である
  • クラス分類ではなく推定病変を一定の基準で記載する分類である
  • 標本(検体)の適否(適正もしくは不適正)を明確に示す分類である
ベセスダ分類
検査のWEB予約はこちら